2017年6月13日火曜日

お得に固定資産税を支払うには!?

先週、ぱちぱちができるようになった1歳1ヶ月の娘。

次の日は、“いただきます”と言って手を合わせてみせると、
マネをして、いただきますのパチンができました。

さらにその翌日は、手を合わせてみせなくても、
“いただきます”と言っただけで、自分でパチンと手を合わせてくれました。

日々成長中の1歳児。
妹が大好きな4歳の息子も、その成長が嬉しいようで、
娘がなにか新しいことができるようになると、嬉しそうに報告してくれます。

4歳の息子も負けずに成長中。
エジソン箸から普通のお箸へのステップアップをずっと拒んでいたのですが、
いざやらせると、意外と上手に持てて、
小さいおかずもつまめるようになってきました。

昨日は、お寿司からこぼれ落ちたいくらを、
1粒ずつ上手につまんで食べてました。
その成長っぷりにもビックリ。

2人のめざましい成長が羨ましいママは、
今月どんどん届く税金の納付書を前に、梅雨空よりもどんよりした気分です。


いくらイヤでも、息子の給食の野菜のようには減らしてもらえない税金。
少しでも税金の支払いで得をするために、色々調べてみました。

カードでは支払えないのですが、
バーコードのある納付書なら、セブンイレブンのnanacoで支払うことができます!

そして、nanacoへクレジットカードでチャージすることができるのです。

税金の支払いでポイントがたまるので、
ただ支払うよりは少しお得です。

とはいえ結構な納税額だとポイントもバカになりません。

具体的な方法はわりといろんな人が親切に説明してくれているのを
ネットですぐ探すことができるので、ここでは割愛します。

ただ、一度にチャージできる金額に上限があって、
1日にチャージできる回数にも制限があるので、
納税額によっては2日かかりになります。

なので、納付期限に余裕をもって臨む方がよいです。

土地の固定資産税、家屋の固定資産税、住民税、、と、
いろいろくる上に、どれも第一期の納付期限は6月末なので、
ママはここ最近、ちまちまとセブンイレブンに通いつめています。

期限過ぎる前にちゃんと納められますようにがんばります!

2017年6月8日木曜日

今年もきました、固定資産税

4歳の息子が通う保育園は、給食の量について自主性が尊重されていて、
苦手なものや食べきれなさそうな時は、
もらう前に『減らしてください』と言って減らしてもらうことができます。

中には、本当は苦手なんだけど、
減らしてもらうのはプライドが許さなくてついそのままとってしまい、
結局残してしまう、、という子もいるようですが、

このシステムを最大限に活用している息子は、
だいたいもれなく野菜(特に緑色の)を減らしてもらっているそうです。。
でもちゃんと先生もご指導下さっているので、
『1こへらしてもらったー。1こだけたべた。』
と、苦手でも少しは食べる努力をしてくれています。

さらに、すでにお皿に盛りつけてあるのをとっていくシステムなので、
『ブロッコリーが小さいやつを選んだんだ〜』
と、息子はこのランチシステムを大活用しています。。

4歳にもなると好き嫌いがはっきりしてきてまったく、、
と思っていたら、

同じ保育園に通う1歳の娘もかなりのやり手であることが先日判明しました。。

1歳なりたてなので、もちろんまだ量を調整してもらったりはなく、
みんな均等に盛られてきます。

手づかみ食べの時期なので、とり皿が目の前におかれて、
そこに少しずつ先生が取り分けてくれます。
先生が娘のお皿に取り分けて、ちょっと他の子のお世話をして、
ふっと見たらもうお皿がからっぽで、
 もう食べたの〜えらいわね〜
と言った矢先、床に野菜だけ落ちているのを発見、、

苦手なものだけぽんぽん落としていたようです。。

でも小さく切ったり、ほめたりして、残りのお野菜は完食したそうで、
保育園の先生には本当に感謝感謝です。


よく食べるくせに野菜がイヤなうちの子たちですが、
ママがイヤなのは税金です、、
今年もイヤな封筒が届いてしまいました、
固定資産税・都市計画税 です。

うなぎの寝床は去年の2月末竣工なので、
去年までは土地の固定資産税が更地扱いでした。

で、今年からついに軽減措置が適応になるはず!なので、早速確認してみました。
『小規模住宅用地』としてちゃんと軽減されていました!

ただ、逆に、今年からは建物の固定資産税もかかってくるのです、、
こちらも『新築耐火住宅減額』というのが適応になっていました!

合わせても、去年までの土地の固定資産税よりも安いです。
受けるべき減額措置はちゃんと適応になっていて安心したママでした。

2017年5月19日金曜日

建具のキズの補修

4歳の息子が、トランプをしたい! というので、
家ではじめてババ抜きをしてみました。

保育園で少しやったことがあるようで、
ジョーカーを1枚抜いておくんだよ〜
と、一応ルールを理解していました。

まずはじめに、同じ数字のカードを2枚ずつ捨てるとき、
全部のカードを手で持ちきれないから仕方ないのですが、
自分のカードをぜーんぶ表にして並べて同じのを探すものだから、
息子のカードは丸見えで、、

いざババ抜きをはじめて、
息子がジョーカーをひいたら、
『キャー!!』
と大騒ぎ。。

かわいいのですが、一応親としてはババ抜きに勝つための手法を教えねばと、
ジョーカーをひいてもポーカーフェイスで知らんぷりするのよ、
と教えると、

次にジョーカーひいた時、顔色変えずにしれっとしているので、
よしよし偉い、と思った矢先、

『今ジョーカーひいたけど、ちゃんとだまってたよー』

とばらしちゃう4歳の息子。。
かわいいです。

さらに、最後にジョーカーともう1枚が手元に残ると、
『ママこっちひいてー』
と、ジョーカーがどっちかをばらしてしまう息子。。

でも楽しいようで、ここ数日ババ抜きがブームです。


子どもが小さいと、どうしても家に小キズが少しずつついてしまいます。
ある程度は仕方ないと諦めています。
特にフローリング。

子どもがおもちゃやリモコンを落とせばすぐキズつきますし、
もう床は目をつぶるしかないかと。

ただ、壁面はどうしても気になります。。
キッチンの脇で、かつてだれかが割と大きなモノを落とした時に、
ママのお気に入りのキッチンのリビング側の収納の扉をかすって、
わりとハッキリとキズがついてしまったのです。。
それはそれはママにとっては悲しい出来事で、、
なかなか立ち直れなかったのですが、
2月にガルバニウムの補修で補修屋さんがいらした時に、
一緒に直して下さいました!

青いテープの右側に、白いキズが2ヶ所あります。

少し削ってならしてから、
パレットで色を調合して、塗っていきます。
何度も色を調整して、、

完成です!!


補修直後はなんとなく直したところが分かりましたが、
今はもう馴染んで、もはやどこにキズがあったか殆ど分かりません。


すばらしき匠の技です。
ガルバニウムも建具も、補修屋さんありがとうございました。



2017年5月15日月曜日

1年点検

すみません、すっかり更新が滞ってしまいました。。
ネタはいろいろあるのですが、毎日が嵐の様に過ぎ去っていくので、
気づいたらもう5月でした。。

その間に娘は元気に1歳の誕生日を迎えました。
最近はよじ登りも得意になってきました。

4歳の息子は変わらず恐竜ブームがつづいており、
保育園では“恐竜博士”としての地位を確立しているそうで、
恐竜についてはみんなから一目おかれているそうです。。

先日、先生からきいた面白いやりとり、、

他のお友達が恐竜の絵を描いて、
息子のところへ『きょうりゅうかけたよ〜!』と嬉しそうに持ってくると、
息子はとても冷静に、
『ティラノサウルスの指は3本じゃなくて2本だよ。ここはもっとこうした方がいいよ。』
と、ばっさり批評するそうで、
お友達はちょっとテンション下がりつつも、
『きょうりゅうのかきかたおしえてもらうんだ〜』
という感じらしく、完全に恐竜博士的存在なのだそうです。。

今まで、車にも電車にもさしてハマらなかった息子が、
特に大きなきっかけもないのに恐竜にはハマるとは、、不思議です。


2月末で1歳を迎えたうなぎの寝床、
工務店さんが3月に1年点検に来て下さいました。

概ね問題なしで、丁寧に住んでいるとほめて頂きました。

一部手直しして頂いたのは、クローゼットの扉の段差。
1階のクローゼットについては、天井から床までかなり長さがあるので、
季節によってどうしても反りが変化するから、多少は仕方がないということでした。
なので、1階階段下のシューズクローゼットの扉はそのまま。
2階リビングのクローゼットも段差があるなぁと思っていたら、
扉のクッションの位置がずれているだけでした。
正しい位置に直して下さったら、扉の段差もピタッとなくなりました。

あと、1階玄関下のクローゼットの一番玄関寄りの扉はプッシュすると開くのですが、
そのプッシュラッチの長さを長いのに交換して下さいました。
確かに、一番端なので、開きがいまいちで開けづらいな、、と感じていたので、
とても助かる微調整でした。

あと、3階の窓の鍵がかた過ぎたのを直して頂きました。

屋根の上や外回りも特に問題なく、1年点検も合格でした。
FRP防水の経年劣化もまだ大丈夫だそうです。
まだ1年ですしね。

1年経ってもまだまだ毎日、いいおうちだなぁ、と感慨に浸れるうなぎの寝床、
いろいろこだわった甲斐がありました。
これからも大切に住み続けましょう。

2017年2月27日月曜日

祝☆竣工1周年!!

早いもので、2月27日にうなぎの寝床が1歳になりました!
無事に竣工1周年を迎えられて何よりです。

まだまだ収納を活用しきれていなかったりするところもありますが、
大きなトラブルなく春夏秋冬を乗り越えることができました。

デザインも使い勝手も住みやすさも、
本当に大満足の我が家です。

うなぎの寝床よりも年下の9ヶ月の娘は、
つかまり立ち、つたい歩きが楽しいお年頃で、
数日前からついによじ登りはじめました。。

紙をかじるのが大好きなようで、
めざとく紙を見つけては人知れず取りに行くので、
ソファの上とか手の届かないところに避難させていたのですが、
子ども用のピアノとかちょっと低めのものに足をのせて、
うまいこと高いところにも手を伸ばせるようになってしまいました。。

まもなく初節句、うなぎの寝床は都会の狭小住宅なので、
段々のお雛様は実家で飾ってもらうことにして、
我が家にはこじんまりとかわいらしいお雛様を。



2年目のうなぎの寝床も
快適にすごせますように。

2017年2月19日日曜日

パパお手製のロールスクリーン

今月末で1歳になるうなぎの寝床。
娘はまだ9ヶ月ですが、モリモリ食べて元気いっぱいです。
息子同様、食欲旺盛なようで、
先日は初おうどんが美味しかったようでおかわりをし、
さらにその後、食後のおっぱいもたらふく飲み、
満腹で幸せそうに昼寝していたら、
途中でケポっと吐きました。。

吐いたらスッキリした様子でご機嫌な娘。

どうやらただの食べすぎだったようで。。

4歳になってようやく満腹中枢が発達してきた息子も、
小さい時に時々、食べ過ぎで吐くことがありました。

でもよく食べてくれるとやっぱり体も丈夫ですし、ママとしてはとっても助かります。
ご飯の作り甲斐もありますしね〜。


まもなく1歳にもかかわらず、うなぎの寝床にはまだブラインドがありません。
夏に考えはじめたのですが、決まらないうちに冬になってしまい、
なくてもさほど困らなくなってしまったので、
なんだかんだつけぬまま今に至っています。

1ヶ所だけ、特にパパがすごく気にしていた、
キッチンからバルコニーへ出るドアにロールスクリーンがついています。

バルコニーはルーバーで覆われているので、
前面道路から見上げても見えないのですが、
←こんな感じで、水平方向からは見えるので、
向かいのお家からは見えてしまいます。

ブラインドもカーテンも高いので、
どうにか安上がりにできないものかと調べてみると、
IKEAがロールスクリーンをだしています。

シンプルでよさそうだったので、買ってきました。
で、まずはキッチンのところから。


壁紙にあわせて黒いロールスクリーンにしたのですが、金具が白いのが浮いてしまうので、まずはスプレーで金具を黒く塗装しました。


で、場所を決めて金具を取付け。

このためにパパは電動ドライバーを買っていました。。




金具の取付け完了!

ここにロールスクリーンをつけるだけです。




じゃーん、完成です!

横のキッチンも黒いので、
黒いロールスクリーンにして正解、
雰囲気にマッチしています。

ちょうどよい目隠しになっています。

ただ、ここ1ヶ所を取付けて分かったのは、
IKEAのロールスクリーンは、
・おろす時の止まりがいまいち
・上に戻す時も、戻りきらないことがある
・高いところだと取付けが結構大変

ということで、お値段相応のクオリティです。



実は、他の窓もIKEAのをつけようかと思って買ってきていたのですが、
さすがに大きい窓のところにこれはやめよう、
ということになり、他のは返品してきました。

とはいえ、この勝手口的なドアの目隠しとしては大役立ちしてますし、
安上がりでしたし、このロールスクリーンはつけてよかったです。

パパお疲れ様でした〜。
ちなみにこれがついたのは秋頃の話です。
ご報告が遅くなりました。。

2017年2月10日金曜日

民間の家屋調査士さん

子ども同士というのは笑いのツボが大人と少し違うのか、
4歳の息子は、9ヶ月の娘をあやすのが天才的に上手です。

パパママがあやしてもニコニコ笑ってはくれるのですが、
息子が相手をしていると、ケタケタ声をあげて笑っています。

何か特別なことをしているわけではないのですが、
なんだか笑いのツボが似ているんですかねぇ。

息子は妹のことをとってもかわいがってかまってくれて、
仲良しでじゃれあっている2人ですが、

そうはいっても赤ちゃんと4歳児なので、

息子がブロックで作った作品を、
娘が容赦なく壊しにかかると、

『わー!!なんてことするんだよー!!
せっかくつくったのにー!こわすあかちゃんはいらなーい!!』

と本気で怒ったりしてます。。

自分も赤ちゃんの時は同じことしてたんだよ、と言ってきかせても、
そんなことない!と言い張り、、

まぁでもすぐにまた仲良く遊んでるのですが、

しばらくはこんなやりとりが続くでしょうねぇ。。



先週末もそんなやりとりがあった最中、
うなぎの寝床に家屋調査士さんがやってきました。

新築の時に来た、固定資産税絡みの家屋調査ではなく、
隣地の建替えの建設工事が始まる前の現状確認のための家屋調査です。

解体工事の時に、いくつかトラブルがあり、
逐一お隣の工務店さんに連絡をして、
必要に応じて対応して頂いていました。

で、工務店さんも第三者の目で現状確認をしておく方がよいと思ったようで、
家屋調査士さんを手配して下さいました。

屋外だけのチェックの場合もあるようですが、
今回は屋内もチェックされました。

工事の影響で、ヒビが入ったり、傾いたりした場合に、
それが工事の影響か否かを公平に判断できるように、
屋内の確認もしておくに越したことはないようです。


二人組でいらっしゃり、
こんな感じで適宜写真におさめていきます。

黒板には、
『クロス隙間』
『天井現況』
など状況を書いて一緒に写真におさめています。


左側のおじさんが右手に持っている棒のようなものは、
傾斜を測れる機械です。

柱にあてて、傾いてないか確認したり、
床に置いて、水平かどうか確認していました。

重りがついてて、傾きが何mmかも確認できる機械です。

3階から順に一部屋ずつ見てまわり、
廊下やトイレ、バルコニーもチェックしてました。

見られたくない部屋は省略してくれるそうですが、
今回は全部チェックして頂きました。

室内をチェックした後、屋外へ。
外壁だけではなく、タイルなども全部チェックしてました。

小さいうなぎの寝床でも全部チェックしてまわって2時間以上かかっていましたので、
大きい家で塀とかまであったりしたら、かなりの時間がかかりそうです。

今回の家屋調査のおかげで、
毎日住んでいても気づかなかった指摘が結構ありました。

1階の天井の塗装に亀裂が入っていたり、
窓の鍵がかたすぎたり、
パパママにとっても参考になりました。

今回の家屋調査の結果はパパママにも1部頂けるようで、
まもなく1年点検なので、
気になるところはその時に工務店さんに伝えてみようと思います。